「代官山ナイト」

 

今何時? ここはドコ? 僕は誰? さあ誰でしょう?
体中に 世界中に 溢れ出したこの疑問は
壊れそうな 止まりそうな 機械仕掛けの心臓の
鼓動をもっと もっともっと 音をたてて速くしてく

日々膨らむ問いの答えを探し歩く
眠れず越えた夜を積み重ねて

いつかそう 流し込んだ ある日の 苦い記憶は
今はもう 彩りも褪せて 僕の中で白黒になってく
I’m alone. 紛らわすため 溶け出したミルクは
黒にとけて世界地図を描く

倒れそうだ よろめいて 逃げ込んだ闇の中で
まだ慣れぬ目に 聞こえる幻聴 「いいことすれば人間にしてやろう」
見えない糸 大きな力に 操られるこの手足は
もがけばもっと もっともっと 絡みついて不自由になる

こうあるべきはずと自分を騙し歩く
幾度もついた嘘で鼻が伸びた

いつかそう 流れ着いた 一夜限りの温もりは
今はもう 彩りも褪せて 時の中でうやむやになってく
I’m alone. 紛らわすため 吐き出した虚しさは
夜にとけて世界地図を描く

いつかそう 流し込んだ ある日の 苦い記憶は
今はもう 彩りも褪せて 僕の中でモノクロになってく
I’m alone. 紛らわすため 吐き出した煙は
空にとけて世界地図を描く

いつかそう 夢にまで見た 探し求めてた答えは
今はもう 全部繋がって 胸の中で本物になってく
I’m not alone. 作りかけだったバラバラのパズルは
今に解けて世界地図を描く