「flavor」

 

窓開けて気づく 変わる季節の匂い
西から吹く風 8月は流されてった

見上げる街の午後 鳥は空を舞い
足踏みする僕を 見下ろして遠退いてった
 
追われて 気がつけば 今年も 入道雲が去っていく
隠して 気がつけば 香る flavor

理想は目標になって やがてノルマになる
やりたくもないこと 噛まずに飲み込んでた

磨り減った革靴で 満員電車に乗る
目の前にいる奴の ひどく甘い匂いにむせる
 
流れて 変わる季節の 隙間を 飛行機雲が縫ってゆく
隠して 気がつけば 香る flavor

傷つくことの無いように心にまとった香水のflavor
鼻が麻痺してわかんなくなるよ 本当の自分のflavor
 
UP & DOWN その先にどんな世界が広がって

YES or NO  その先にどんな未来が広がって
UP & DOWN その先にどんな世界が広がって
YES or NO  その先にどんな未来が広がって見える?